スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

カレー粉作成。

2011/07/23 Sat 21:59

インドに触発されてカレー作りに挑戦です!!!

インドでもトルコでもモロッコでも世界の各地で香辛料を集めたのでこれをもとにオリジナルのカレー粉を作って、

カレー作りにも挑戦しました!!!

まずは香辛料の紹介です!!

これは、今までに買ってきた香辛料たちです。

今まで多国籍料理を作るときにしか出番がなかったので、カレー粉作りではしゃいでる気がします。

266505_151370238274200_100002036754330_303346_3766897_o.jpg

オシャレに並べてみました。

283997_151369381607619_100002036754330_303343_1902973_n.jpg


んで、いよいよカレー粉作りです。

辛味のスパイスにレッドペッパー、ジンジャーパウダー、​ブラックペッパー、ガラムマサラ、
芳香スパイスに陳皮、コリアンダー、カーダモン、フェネ​グリーク、クミン、スターアニス、ディル、シナモン、
香草はローレル、セージを投入しました。


カレー粉作りにはターメリックがポイントですね。ターメリックを丁寧に炒ることがポイントです。これがカレーのあの香りと色になるからです。

271910_151583804919510_100002036754330_303845_2678501_o (1)

こちらが、私が作ったオリジナルのカレー粉♪

数ヵ月後に熟成して美味しくなるのが楽しみです。


実は・・・、

インドには実はカレーという食べ物はなくて、すべてを香辛料で味付けしてあるんです。本当に何でも。

いわゆる日本の醤油とか漬物のぬかとかそういう位置づけでしょうか・・・?

だから、インドでは三食カレーを食べています。本当です。

だから、それぞれの食材を味付けする香辛料の分量も違うし、いわゆるカレー粉もそれぞれの家庭、レストランでも個々に違うんです。

また、カレー粉には熟成期間というのがあるので、すぐに使うよりも1~6ヶ月熟成させるのがいいみたいです。

うーん。奥深しですね。

それから、意外な事実ですがインドではナンはあまりメジャーではなくチャパティーというもっと素朴な素材のものが良く食べられています。

これは、私もインドに行って初めて知りました。
スポンサーサイト
Cooking ☆ インド料理 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

カレーの基本。

2011/07/23 Sat 22:01

カレーペースト作りに挑戦しました。

これは基本のカレーペーストで作ったマッシュルームカレーです。

216993_152535734824317_100002036754330_307097_7077145_n.jpg



カレーの旨みというのは実は香辛料だけではないんですね・・・。作ってみてわかりました。

カレーはガーリック、ジンジャーの香りから始まり、クミンの旨み、そして玉ねぎの甘み、トマトの酸味とそれぞれの香辛料と素材が織り成して出来上がるわけです。

だから、カレーのレシピは家庭によってもレストランによっても違うんです。

ということは、好きなようにアレンジしてもOKということですね。

やっぱりインド。寛大です(笑)


カレーペーストのレシピをちょっとだけご紹介します。(私流ですが。)

材料

にんにく1かけ、しょうが2,5cmくらい、トマト大1、玉ねぎ大1、

香辛料 ターメリック小1、コリアンダー大1、ガラムマ​サラ大1、クミン大1、カイエン小2分の1くらい。

その他 お好きなカレーの具(写真ではマッシュルーム)

251738_152535448157679_100002036754330_307085_6516838_n.jpg


作り方です。


①まずは、クミンです。油大2(分量外)で炒める。黒くならないように注​意。パチパチしてきたらOKです。

281273_152535488157675_100002036754330_307086_7943121_n.jpg

②次にみじん切りにしたにんにく、しょうがを加えて中​火で炒める。これも焦がさないように注意。次にターメリック投​入。油になじませる。(約30秒)

229643_152535531491004_100002036754330_307088_1081050_n.jpg

③玉ねぎ投入。よく炒める。
みじん切りじゃなくても薄切りで作る方法もあるんですが、色々試した結果できるだけ玉ねぎエキスを濃縮したほうが美味しいということが分かりました。20~30分くらい炒めるといい感じで玉ねぎの旨みが出てきます☆

281648_152535614824329_100002036754330_307091_5868358_n.jpg

④玉ねぎがいわゆるあめ色になったら、香辛料を投入を投入します。ガラムマサラ、コリアンダー、カ​イエンペッパー等々。カイエンは辛いのがお好みの方はどんどん入れてください(笑)
私​は大好きなので容赦なく投入。

251398_152535594824331_100002036754330_307090_5393828_n.jpg

⑤こんな感じなりまーす。パサパサな感じですが大丈夫です。炒って旨みがでてきます。

281648_152535614824329_100002036754330_307091_5868358_n.jpg

⑥焦がさないように注意しながら炒ったら、トマトを入れます。生でも缶でも良いですが生の場合は湯剥きをして下さい。缶のトマトは加熱向きで美味しいし、生もこれはこれで美味しいのでやっぱり好き好きです。

282403_152535644824326_100002036754330_307092_3604556_n.jpg

⑦トマトの形をしっかり崩して、トマトの油が出てきたら完成です!!!

283123_152535664824324_100002036754330_307093_2035447_n (2)



荒熱が取れたら冷凍庫で保存しておきましょー。
 
Cooking ☆ インド料理 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。