スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
10月は汐組坂ガーデンのお料理教室からスタートです。

今月は和風&中華なメニュー☆




まずは、いつも素敵なテーブセッティングとフラワーアレンジからご紹介。


お料理のメニューに合わせてテーブルセッティングも和を感じさせるアレンジ。
七竈がとても良いアクセントになっています。そして七竈がとっても秋を感じさせてくれます。

汐汲坂ガーデン 010



そして、お皿の上にも小さな七竈が飾られています。
これが、最後にお料理と素敵にコラボレーションされるんです。

汐汲坂ガーデン 008



中央のフラワーアレンジは大きなカサブランカと七竈。
グリーンのアクセントは何でしょうか・・・??

汐汲坂ガーデン 020


中央のキャビネットには沢山の実を付けた七竈が大胆に飾られています。
こんなアレンジも素敵ですね。

汐汲坂ガーデン 011


そして、今月のお料理は・・・

 ・いちじくと鶏砂肝、レバーの前菜
 ・金糸瓜とホタテのミルフィーユ仕立て濃厚秋の香ソース
 ・揚げさばのおろし煮
 ・坦々風豚汁

 
まずは、「いちじくと鶏砂肝、レバーの前菜」
 
汐汲坂ガーデン 017

  中央のガラスの器に載っているのは、春菊&もって菊です。
  それぞれ湯通しした後に、鶏ガラスープ、砂糖、塩、純米酢を合わせます。

  鶏レバーと砂肝は下味を付けてあげた後に、レバーは片栗粉でとろみを付けたタレと一緒に、
  そして、砂肝は有馬山椒と唐辛子でピリッとした味付けに仕上げます。
  柿とイチジクがこの二つのタレに良くあって美味しかったです。


こちらは、「金糸瓜とホタテのミルフィーユ仕立て濃厚秋の香ソース」

汐汲坂ガーデン 021
  
  金糸瓜は初めて食べたのですが、本当に糸のようにほぐれるんです。
  中々手に入らないと思うので、これはなければ大根でもOKとのことでした。

  味の決め手は秋の香ソースです。
  前にBiancaで教えて戴いたキノコのスープのようにキノコをミキサーして旨みを出します。
  今回はそれに海老芋を加えて粘りを出しています。
  
  盛り付けると、意外とシンプルな感じですが、
  お皿に七竈があることで「秋感」がぐっと深まりますね。
  


さらに、こちらは「あげさばおろし煮」です。

汐汲坂ガーデン 024

  さばを揚げたものを、おろし大根で煮るという家庭の味です。
  これも季節のお野菜としてししとう(今回は農家から戴いた無農薬の特大ししとう)が添えられています。


最後は「坦々風豚汁」

汐汲坂ガーデン 025

  良く考えたら、坦々スープってすごく美味しいのに、
  春雨以外の選択肢を私は持っていませんでした。
  これは、豚挽き肉にささがきにしたごぼうと人参が入っているのですが、
  思っていた以上にとってもいい相性でした。

  ちなみに、これは家で早速作ってみたのですが、
  私流アレンジでごぼうをピーラーで処理したものを使っても美味しかったです。
  また、皮も好きなの剥かないで使いました。包丁でささがきにしたものも
  少し加えると歯ごたえが色々感じられて更にGOODでした☆


こんな、素敵なお料理を教えてくださった汐汲坂ガーデン はこちら。

 汐汲坂ガーデン 横浜元町


スポンサーサイト
Cooking ☆ お料理教室 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。