スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
さて、アントワープです。

アントワープにはなにがあるのかというと、私達にはお馴染みのフランダースの犬の舞台となったあの教会です。私達もネロが死に際に見たルーベンスの絵を見ることが出来ます!!!!


それでは、行ってきます。


まずは、アントワープの駅です。とっても立派!!!!
実はアントワープはブリュッセルに続く第二の都市だそうです。








そして、アントワープの駅にもワッフルが!!!!さっそく、戴きました。






しばらく、歩いていくと目的の教会に着きます。しかし、シーズンオフと言えど、とにかく人がいない…



そして、これがネロとパトラッシュもみたあの教会です。



さっそく中に~。






おぉ!!ルーベンスの絵が大迫力!!








そして、教会の中にもほとんど人が居ません。
独り占め状態。




すごいパイプオルガン。
こんなの初めてです。



最後に、ネロとパトラッシュの石碑を見つけました。



まさかのTOYOTA自動車協賛。


日本語で書かれております。



どうも、私達にお馴染みのフランダースの犬の物語は「暗い」と言うことで外人にはあまり人気が無いようです。

何となく納得。
スポンサーサイト
Travel ヨーロッパ2010 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。