スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

お料理教室まとめ

2012/05/07 Mon 01:14

お料理教室 at シェ・フルール

別にサボっていたわけじゃありませんが、ここ最近Blog UP御無沙汰でした・・・
がんばります。。。

私が始めたばかりの頃はまだ余裕のあったここのお料理教室。
最近、本当に大人気で中々予約が取れません


言い訳はともかく、、、、気を取り直して


「鱈の白子のムニエル」

白子。実はもう旬ではなかったりして・・・。
もっと、早くUPすればよかった。でも、美味しいのでまた冬になって美味しい白子が手に入ったら作ります。

画像 188


■材料(4人前)

 白子   ・・・・400g
 塩・コショウ・・・適量
 薄力粉   ・・・適量
 バター   ・・・80g(目安)
 オリーブオイル・・・40cc

 注)バター、オリーブオイルは目安の量なので適量。澄ましバターを使うと焦げにくい。
 注)白子は透明感のある鮮度の良いものを使う。

 ※ソース
  バター ・・・100g
  パン粉 ・・・大2
  にんにくみじん切り 小2
  トマト・・・・大2
  ケッパー・・・小1
  塩・コショウ

 <作り方>
 ①白子に塩・コショウをして薄力粉をまぶし、よくはたいておく。
 ②フライパンにオリーブオイル→バターをいれ、白子を焼く(ムニエルにする)
  スプーンでバターを掛けながら表面をカリカリに焼いていく。
  今回は3分ほどで返した。火の通った目安はふっくら膨れてきたくらい。
  あまり触らない。火力は中火。

 画像 179

白子とバターって合うんですよ。
ポン酢との相性しか知らなかったのですが、これは料理人ならではの発想!って感じですよね
さすが!!!

画像 180

このカリカリした感じが溜まりません!


 ※ソース
  ①フライパンにソースを入れ、パン粉・にんにく・塩・コショウを入れ、火にかける。
  ②パン粉に色が付いたらトマト・ケッパー(好みでレモンもOK)を入れ仕上げる。
  ③皿に白子を盛り、ソースを掛ける。

画像 184



「バーニャカウダ」

バーニャカウダは最近どこに行っても食べれるくらい有名になりましたが、
今回はフレンチのシェフ考案のオイルではなくクリームを使ったあまりカロリーの高くないバージョン
を紹介してもらいました
でも、どっちもどっちという気もしますが(笑)


画像 195

■材料
 
 好みの野菜(好きなだけ)

 バーニャカウダソース
  国産にんにく  ・・・100g
  マッシュルーム ・・・1パック
  白ワイン    ・・・150g
  玉ねぎ     ・・・50g
  コンソメ    ・・・150g
  生クリーム   ・・・150g
  アンチョビ   ・・・1/2缶
  塩・コショウ  ・・・適量
  バージンオイル ・・・25g(適量)温めすぎないほうが香がよい。
 
 〈作り方〉
  ①皮を剥いた国産にんにくをひたひたの牛乳で軟らかく煮込む。
   出来るだけ大きさが異なるものは同じ大きさに整える。牛乳は沸かさないように注意!
   国産にんにくの方が香がいい。

  ②鍋に白ワイン、玉ねぎのスライス、マッシュルームのスライスを入れて弱火で煮詰める。
   粗みじん切りでOK
  ③ ②の鍋にコンソメを入れ再び煮詰める。更に生クリームを入れ煮詰める。
   生クリームは47%使用。好みによって使い分けを!
  ④ ①のにんにくと②を合わせ、アンチョビとともにミキサーに掛ける。
   味を見て塩・コショウを足す。
  ⑤ ④のソースを温め仕上げにバージンオイルを入れる。
   温かいソースで野菜をつけて食べる。


画像 192



 

スポンサーサイト
Cooking ☆ お料理教室 | コメント:(1) | トラックバック:(0)
コメント:
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。