スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
1月のお料理教室 at シェ・フルール

メニューがステーキ丼だからなのか、凄い人・・・でした。でも、しっかり戴いてきましたよ~

って、確実に料理を習うことよりもその後の試食に注力しています・・

しかも!本日はシェフの計らいで宮崎牛のA5ランクのお肉を戴きました。
帆立もぷりぷりでぇえ~
もう、舌がとろけるぅぅ

帆立貝のラヴィゴットソース


画像 221


■材料(2人分)

 帆立貝 ・・・6個(冷凍よりも刺身用がgood)
 サラダ類・・・適量

 ※ラヴィゴットソース(野菜がいっぱい入った!という意味)
  玉ねぎみじん切り  100g
  ケッパーみじん切り 大1
  パセリみじん切り  大1
  エストラゴンみじん切り 少量(無くてもOK)
  フレンチドレッシング 200cc

 エストラゴン(ハーブ)が無い場合にはディル、バジル、セルフィーユで代用しても。
 玉ねぎのみじん切りは辛味を抜くために切ってから少しおいておく。


 ※フレンチドレッシング
  白ワイン酢 50cc
  マスタード 大1
  サラダオイル 150cc
  塩・コショウ
  
〈作り方〉
 ①ケッパー、パセリ、玉ねぎ、エストラゴンを混ぜ、フレンチドレッシングを入れよく混ぜる。
 ②帆立貝は塩・コショウをして、サラダオイルでさっと焼く。1分未満。
  注)フライパンは良く熱すること!
    オリーブオイルを使う際はPure-を。
 ③皿にサラダ類を盛り、帆立・ラヴィゴットソースを盛る。

画像 204

帆立はあくまでもさっと焼くことがポイントのようです。
また、このソースとの相性がいいこと。美味しいこと限りなしです。


お次は、ステーキ丼


「丼」とか言うから、どんぶり入りを想像していたのですが(笑)
めっちゃオシャレに盛り付けられて、丼モノなのに赤ワインが合うこと

しかも、何度も言いますが、宮崎牛のA5

画像 219


■材料

 牛肉ロースまたはフィレ肉・・・150g
 しいたけ    ・・・2個
 シャンピニオン ・・・2個
 玉ねぎ(小)  ・・・1/4個
 赤ピーマン、ピーマン、チンゲン菜 ・・・適量
 白髪ねぎ    ・・・少量
 カイワレ    ・・・少量
 ご飯      ・・・適量
 バター     ・・・10g

 ※ソース
  しょう油 100cc
  酒     15cc
  砂糖    10g
  みりん   10cc
  にんにく おろし少々
  タバスコ 少量

〈作り方〉
 ※ソースの材料をすべて混ぜ合わせる。
 ①牛肉にソースを少し塗り、フライパンで少しだけ焼く。(中火でじっくり)
  POINT)焼いた後、牛肉は少し休ませる。
     今回は宮崎牛のA5ランクのお肉!!!!厚さは2,5cmくらい???
     4,5分焼いたら同じ時間だけボールやアルミホイルをかぶせて休ませる。
    
 ②鍋にバターと玉ねぎ、しいたけ、シャンピニオンをいれ、色をあまり付けない様に炒める。
 最後にソース大1をいれよくからめバターを入れまろやかに仕上げる。
 
 ③赤ピーマン、ピーマン、チンゲン菜はサラダオイルでさっとソテーする。
 ④皿にご飯を盛り、牛肉をカットしたものを盛り、②の野菜を上から掛ける。
  更に上から白髪ねぎ、カイワレを盛る。


画像 207

休むお肉おいしくなぁれ。

画像 211



スポンサーサイト
Cooking ☆ お料理教室 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。